理事長挨拶
海外学会との
関わり
歴代会長
倫理網領
会則
理事
知識
ニュース
入会申し込み等
HOME
理事長挨拶

 日本臨床毛髪学会の歴史は、平山峻、稲葉益已、江崎哲堆各先生が発起人になり、1994年9月に阿佐ヶ谷のホテル・アミタスで開催された日本臨床毛髪医学研究会に遡ります。1995年6月には東京女子医大形成外科平山峻教授(当時)を理事長、初代会長を稲葉益巳先生として、第1回の研究集会が国際文化センターで開催されました。学会の名称は第1〜2回は臨床毛髪医学研究会、第3〜8回まで日本臨床毛髪外科学会とされていました。この頃の参加者は植毛医が中心で、植毛術・毛髪外科が中心のテーマとなっていました。ところが、男性型脱毛症に対するミノキシジル外用薬やフィナステリド内服薬の登場により内科的治療が発展し、また円形脱毛症をはじめとする他脱毛症もテーマとして討議されるに至り、第9回からは日本臨床毛髪学会に改称され、現在に至っています。ただし、国際毛髪外科学会(International Society of Hair Restoration Surgery)との連携を図るため、英語名は設立よりJapan Society of Hair Restoration Surgery(JSHRS)という名称を用いています。
 本学会の使命は臨床毛髪学の学理探究、人材育成、生涯教育の奨励、研究成果の発表と社会還元・普及、国民の健康福祉への貢献と多岐にわたります。歴代理事長の先見性と創造性に富む卓越した指導力によって育まれてきた本学会を会員諸氏、国民からの期待・要請に応え、一層発展させていく所存です。皆様の御協力、御指導の程宜しくお願い致します。また、臨床毛髪学に取り組まれる医師、毛髪研究者、企業研究者の皆様の学術集会へのご参加並びに学会へのご入会をお願い申し上げる次第です。

日本臨床毛髪学会
理事長 乾 重樹

歴代理事長

初代 平山 峻 東京メモリアルクリニック
第2代 江崎 哲堆 江崎クリニック
第3代 倉田荘太郎 くらた医院
第4代 佐藤 明男 東京メモリアルクリニック・平山
第5代 柳生 邦良 紀尾井町クリニック
第6代 石井 良典 大宮スキンクリニック
第7代 乾 重樹 大阪大学大学院皮膚・毛髪再生医学講座/心斎橋いぬい皮フ科
▲ページトップへ